ニュートリライト TM 先進のトータル抗糖化サイエンス| amwaylive
NUTRILITE

ニュートリライト™
先進のトータル抗糖化サイエンス

ニュートリライトの抗糖化サイエンスの考え方や研究結果の説明であり、特定の製品による効果効能を説明したものではありません。

「糖化」とは?

余分な糖と、体内のたんぱく質が結合して
老化物質AGEsができること。

糖化とは

肌の糖化メカニズム

体中のたんぱく質が糖化し、
深刻な病気にも

糖化は、肌だけでなく、
体全体にダメージを与えます。
なぜなら体は、
約16%のたんぱく質でできているから。

パサつき脱毛イメージ
パサつき脱毛など
アルツハイマーイメージ
アルツハイマーなど
シワたるみくすみイメージ
シワたるみくすみ
心筋梗塞イメージ
心筋梗塞
糖尿病動脈硬化イメージ
糖尿病動脈硬化
骨粗鬆症などイメージ
骨粗鬆症など
性機能障害不妊イメージ
性機能障害不妊
関節症イメージ
関節症

糖化によって起こる病気についての説明であり、特定の製品がこれらの病気を予防するということではありません。

早いうちからAGEsの蓄積を
防ぐことが大切

AGEs蓄積グラフ

加齢とAGEs蓄積:永井竜児ら、Clincian,vol98,No.476,p.110(1998)

従来型×先進型

抗糖化サイエンス

糖化対策を完ぺきにするには、従来型と先進型、
両方の対策を組み合わせることが大切。

老化物質AGEsの生成を
トータルブロック!

PDFイメージ

従来型

食事の糖質対策

糖質の消化・吸収対策で、血糖値の上昇を抑制。

血糖値の上昇を抑えるポイント

糖質の消化・吸収をブロック

食事から摂った糖質は、複数の糖が結合した状態です。それらが胃腸で単一の糖(ブドウ糖)に消化(分解)されてから、小腸で吸収されます。この消化(分解)を阻害することで、糖の吸収をブロックできます。

糖質の消化・吸収をブロック

糖質の多い食事の時におすすめの食材

トウチ(豆鼓)

トウチ(豆鼓)

白インゲン豆

白インゲン豆

でも、食事ではなかなか摂りにくい!

糖の吸収スピードをゆるやかに

ゲル状になり、糖をつつみこむ「水溶性食物繊維」が大切。

食物繊維が
存在しない場合

食物繊維が存在しない場合

すばやく吸収される

食物繊維が
多く存在する場合

食物繊維が多く存在する場合

ゆるやかに
吸収される

でも、食事だけで食物繊維を
十分に摂るのは難しい!

先進型

糖化反応の対策

体にダメージを与える老化物質AGEsの蓄積を予防。

16週間の臨床試験の結果、
ある植物が、肌のAGEsスコア
低下させることを確認

AGEsスコアの変化
  • ※1 臨床試験の結果(自社調べ)。
    16週間の試験のうち、最終8週間でのAGEsスコアの変化(中央値)。
  • ※2 通常1年にAGEsスコア約0.023増加とした場合(Koetsier M, Lutgers HL, de Jonge C, et al., Reference values of skin autofluorescence, Diabetes Technol Ther, 2010;12:399-403.に基づく)
  • ※ニュートリライトの抗糖化サイエンスの考え方や研究結果の説明であり、特定の製品による効果効能を説明したものではありません。
戻る

パソコンサイトスマートフォンサイト